読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

身切り発射

カードとゲームとカードゲームと。

鑑賞済み映画リスト

最近通勤電車の中でずっとスマホで映画を見てます。技術の力はとても便利ですね。

良かった映画は共有したいのもあって、自分用メモも兼ねてリストアップしてみます。

ちなみに僕が利用してるのは「dビデオ」です。種類も豊富でスマホにダウンロードしてオフライン下で視聴できるのもポイントです。(ドコモ会員以外も利用できます)

 

SPECシリーズ

 めちゃおもしろい

 

ケイゾクシリーズ

SPECの前作、まあ面白い

 

闇金ウシジマくんシリーズ

山田孝之がかっこいい、面白い

 

告白

後味は悪いけどさすがに面白い

 

白ゆき姫殺人事件

湊かなえは面白い

 

アヒルと鴨のコインロッカー

伏線張りがきれいで最後まで面白い

ちなみに「鴨とアヒルの~」って間違えるとオタクから指摘食らうので注意

 

ダブルフェイス

香川照之かっこよすぎる、面白い

 

鍵泥棒のメソッド

香川照之って天才かよ、面白い

 

エイプリルフールズ

コメディ、別々の事件が最後につながるやつは王道だけどやっぱり面白い

 

女王の教室

志田未来が小学生なのヤバい、面白い

 

 

未視聴

ジャッジ!

悪の教典

凶悪

箱入り息子の恋

 

 

なんかオススメあったら教えてください、dビデオにあったら即見ます

 

【サンムーン】カントー×アローラ使用可能ポケモン一覧【インターネット大会】

参加賞としてピジョットハガネールナイトがもらえるカントー×アローラ大会での使用可能ポケモンをまとめました

多分スマホよりPCで見た方が見やすいです

使用可能ポケモン(図鑑番号順)

f:id:tsubonui:20170317172505p:plainf:id:tsubonui:20170317172845p:plainf:id:tsubonui:20170317172852p:plainf:id:tsubonui:20170317172903p:plainf:id:tsubonui:20170317172916p:plainf:id:tsubonui:20170317173514p:plainf:id:tsubonui:20170317172922p:plainf:id:tsubonui:20170317203607g:plainf:id:tsubonui:20170317172928p:plainf:id:tsubonui:20170317172932p:plainf:id:tsubonui:20170317173011p:plainf:id:tsubonui:20170317203831p:plainf:id:tsubonui:20170317173016p:plainf:id:tsubonui:20170317203857p:plainf:id:tsubonui:20170317173543p:plainf:id:tsubonui:20170317173551p:plainf:id:tsubonui:20170317173553p:plainf:id:tsubonui:20170317173556p:plainf:id:tsubonui:20170317203932p:plainf:id:tsubonui:20170317173557p:plainf:id:tsubonui:20170317173600p:plainf:id:tsubonui:20170317173604p:plainf:id:tsubonui:20170317173607p:plainf:id:tsubonui:20170317173609p:plainf:id:tsubonui:20170317173611p:plainf:id:tsubonui:20170317203957p:plainf:id:tsubonui:20170317173613p:plainf:id:tsubonui:20170317204053p:plainf:id:tsubonui:20170317173721p:plainf:id:tsubonui:20170317173723p:plainf:id:tsubonui:20170317173725p:plainf:id:tsubonui:20170317173727p:plainf:id:tsubonui:20170317173739p:plainf:id:tsubonui:20170317173742p:plainf:id:tsubonui:20170317173744p:plainf:id:tsubonui:20170317173746p:plainf:id:tsubonui:20170317173748p:plainf:id:tsubonui:20170317204201p:plainf:id:tsubonui:20170317173750p:plainf:id:tsubonui:20170317173752p:plainf:id:tsubonui:20170317174727p:plainf:id:tsubonui:20170317174731p:plainf:id:tsubonui:20170317174735p:plainf:id:tsubonui:20170317174739p:plainf:id:tsubonui:20170317204350p:plainf:id:tsubonui:20170317174741p:plainf:id:tsubonui:20170317174746p:plainf:id:tsubonui:20170317174748p:plainf:id:tsubonui:20170317174750p:plainf:id:tsubonui:20170317174752p:plainf:id:tsubonui:20170317174754p:plainf:id:tsubonui:20170317204423p:plainf:id:tsubonui:20170317174756p:plainf:id:tsubonui:20170317204436p:plainf:id:tsubonui:20170317174805p:plainf:id:tsubonui:20170317174809p:plainf:id:tsubonui:20170317174813p:plainf:id:tsubonui:20170317174816p:plainf:id:tsubonui:20170317174819p:plainf:id:tsubonui:20170317174821p:plainf:id:tsubonui:20170317174826p:plainf:id:tsubonui:20170317174844p:plainf:id:tsubonui:20170317174849p:plainf:id:tsubonui:20170317174851p:plainf:id:tsubonui:20170317174856p:plainf:id:tsubonui:20170317174858p:plainf:id:tsubonui:20170317174901p:plainf:id:tsubonui:20170317191957p:plainf:id:tsubonui:20170317174905p:plainf:id:tsubonui:20170317174908p:plainf:id:tsubonui:20170317174910p:plainf:id:tsubonui:20170317174924p:plainf:id:tsubonui:20170317174928p:plainf:id:tsubonui:20170317174931p:plainf:id:tsubonui:20170317174933p:plainf:id:tsubonui:20170317174935p:plainf:id:tsubonui:20170317174938p:plainf:id:tsubonui:20170317174941p:plainf:id:tsubonui:20170317174943p:plainf:id:tsubonui:20170317174945p:plainf:id:tsubonui:20170317174947p:plainf:id:tsubonui:20170317180141p:plainf:id:tsubonui:20170317180144p:plainf:id:tsubonui:20170317180146p:plainf:id:tsubonui:20170317180148p:plainf:id:tsubonui:20170317180151p:plainf:id:tsubonui:20170317180153p:plainf:id:tsubonui:20170317180155p:plainf:id:tsubonui:20170317180159p:plainf:id:tsubonui:20170317180201p:plainf:id:tsubonui:20170317180208p:plainf:id:tsubonui:20170317180209p:plainf:id:tsubonui:20170317180214p:plainf:id:tsubonui:20170317180217p:plainf:id:tsubonui:20170317180219p:plainf:id:tsubonui:20170317180221p:plainf:id:tsubonui:20170317180224p:plainf:id:tsubonui:20170317180226p:plainf:id:tsubonui:20170317180228p:plainf:id:tsubonui:20170317180608p:plainf:id:tsubonui:20170317180610p:plainf:id:tsubonui:20170317180613p:plainf:id:tsubonui:20170317180615p:plainf:id:tsubonui:20170317180626p:plainf:id:tsubonui:20170317180631p:plainf:id:tsubonui:20170317180632p:plainf:id:tsubonui:20170317180635p:plainf:id:tsubonui:20170317180642p:plainf:id:tsubonui:20170317180646p:plainf:id:tsubonui:20170317180649p:plainf:id:tsubonui:20170317180652p:plainf:id:tsubonui:20170317180655p:plainf:id:tsubonui:20170317180658p:plainf:id:tsubonui:20170317180702p:plainf:id:tsubonui:20170317180706p:plainf:id:tsubonui:20170317180709p:plainf:id:tsubonui:20170317180718p:plainf:id:tsubonui:20170317181014p:plainf:id:tsubonui:20170317181023p:plainf:id:tsubonui:20170317181026p:plainf:id:tsubonui:20170317181029p:plainf:id:tsubonui:20170317181039p:plainf:id:tsubonui:20170317181044p:plainf:id:tsubonui:20170317181046p:plainf:id:tsubonui:20170317181050p:plainf:id:tsubonui:20170317181052p:plainf:id:tsubonui:20170317181055p:plainf:id:tsubonui:20170317181058p:plainf:id:tsubonui:20170317181107p:plainf:id:tsubonui:20170317181111p:plainf:id:tsubonui:20170317181114p:plainf:id:tsubonui:20170317181117p:plainf:id:tsubonui:20170317181121p:plainf:id:tsubonui:20170317181130p:plainf:id:tsubonui:20170317181132p:plainf:id:tsubonui:20170317181516p:plainf:id:tsubonui:20170317181518p:plainf:id:tsubonui:20170317181521p:plainf:id:tsubonui:20170317181523p:plainf:id:tsubonui:20170317181525p:plainf:id:tsubonui:20170317181528p:plainf:id:tsubonui:20170317181531p:plainf:id:tsubonui:20170317181533p:plainf:id:tsubonui:20170317181535p:plainf:id:tsubonui:20170317181538p:plainf:id:tsubonui:20170317181539p:plainf:id:tsubonui:20170317181542p:plainf:id:tsubonui:20170317181545p:plainf:id:tsubonui:20170317181548p:plainf:id:tsubonui:20170317181550p:plainf:id:tsubonui:20170317181555p:plainf:id:tsubonui:20170317181557p:plainf:id:tsubonui:20170317181559p:plainf:id:tsubonui:20170317181601p:plainf:id:tsubonui:20170317181604p:plainf:id:tsubonui:20170317182137p:plainf:id:tsubonui:20170317182141p:plainf:id:tsubonui:20170317182144p:plainf:id:tsubonui:20170317182200p:plainf:id:tsubonui:20170317182204p:plainf:id:tsubonui:20170317182207p:plainf:id:tsubonui:20170317182209p:plainf:id:tsubonui:20170317182211p:plainf:id:tsubonui:20170317182214p:plainf:id:tsubonui:20170317182217p:plainf:id:tsubonui:20170317204538p:plainf:id:tsubonui:20170317182225p:plainf:id:tsubonui:20170317182228p:plainf:id:tsubonui:20170317182230p:plainf:id:tsubonui:20170317182232p:plainf:id:tsubonui:20170317182234p:plainf:id:tsubonui:20170317182236p:plainf:id:tsubonui:20170317182239p:plainf:id:tsubonui:20170317182242p:plainf:id:tsubonui:20170317182245p:plainf:id:tsubonui:20170317182246p:plainf:id:tsubonui:20170317182249p:plainf:id:tsubonui:20170317182251p:plainf:id:tsubonui:20170317182254p:plainf:id:tsubonui:20170317182256p:plainf:id:tsubonui:20170317182258p:plainf:id:tsubonui:20170317182300p:plainf:id:tsubonui:20170317182302p:plainf:id:tsubonui:20170317182304p:plainf:id:tsubonui:20170317182307p:plainf:id:tsubonui:20170317182310p:plainf:id:tsubonui:20170317182312p:plainf:id:tsubonui:20170317182317p:plainf:id:tsubonui:20170317182321p:plainf:id:tsubonui:20170317182325p:plainf:id:tsubonui:20170317182327p:plainf:id:tsubonui:20170317182330p:plainf:id:tsubonui:20170317182332p:plainf:id:tsubonui:20170317182337p:plainf:id:tsubonui:20170317182339p:plainf:id:tsubonui:20170317182341p:plainf:id:tsubonui:20170317182344p:plainf:id:tsubonui:20170317182346p:plainf:id:tsubonui:20170317182349p:plainf:id:tsubonui:20170317182351p:plainf:id:tsubonui:20170317182353p:plainf:id:tsubonui:20170317182356p:plain

 

使用可能ポケモン(すばやさ順)

151f:id:tsubonui:20170317183639p:plain150f:id:tsubonui:20170317194601p:plain

130f:id:tsubonui:20170317183827p:plainf:id:tsubonui:20170317182330p:plainf:id:tsubonui:20170317183942p:plainf:id:tsubonui:20170317183951p:plain

126f:id:tsubonui:20170317184001p:plain125f:id:tsubonui:20170317184011p:plain124f:id:tsubonui:20170317184022p:plain120f:id:tsubonui:20170317184046p:plain

117f:id:tsubonui:20170317184105p:plain116f:id:tsubonui:20170317184113p:plain115f:id:tsubonui:20170317184139p:plainf:id:tsubonui:20170317194202p:plainf:id:tsubonui:20170317204023p:plain112f:id:tsubonui:20170317184152p:plain110f:id:tsubonui:20170317184204p:plainf:id:tsubonui:20170317184214p:plainf:id:tsubonui:20170317184432p:plainf:id:tsubonui:20170317184441p:plainf:id:tsubonui:20170317184450p:plainf:id:tsubonui:20170317193811p:plainf:id:tsubonui:20170317203831p:plainf:id:tsubonui:20170317194141p:plainf:id:tsubonui:20170317203957p:plainf:id:tsubonui:20170317194417p:plain

109f:id:tsubonui:20170317184510p:plainf:id:tsubonui:20170317203932p:plain105f:id:tsubonui:20170317184528p:plainf:id:tsubonui:20170317194343p:plain103f:id:tsubonui:20170317184534p:plainf:id:tsubonui:20170317184541p:plain101f:id:tsubonui:20170317193631p:plain102f:id:tsubonui:20170317184548p:plain100f:id:tsubonui:20170317184555p:plainf:id:tsubonui:20170317184703p:plainf:id:tsubonui:20170317184712p:plainf:id:tsubonui:20170317184723p:plainf:id:tsubonui:20170317184731p:plainf:id:tsubonui:20170317193516p:plainf:id:tsubonui:20170317194017p:plainf:id:tsubonui:20170317195058p:plain

97f:id:tsubonui:20170317184912p:plainf:id:tsubonui:20170317193656p:plain96f:id:tsubonui:20170317184919p:plainf:id:tsubonui:20170317184931p:plain95f:id:tsubonui:20170317184937p:plainf:id:tsubonui:20170317184944p:plainf:id:tsubonui:20170317184951p:plainf:id:tsubonui:20170317184958p:plainf:id:tsubonui:20170317185004p:plainf:id:tsubonui:20170317185022p:plainf:id:tsubonui:20170317185034p:plain93f:id:tsubonui:20170317185044p:plain92f:id:tsubonui:20170317185102p:plainf:id:tsubonui:20170317185113p:plain91f:id:tsubonui:20170317185124p:plain90f:id:tsubonui:20170317185136p:plainf:id:tsubonui:20170317185149p:plainf:id:tsubonui:20170317185156p:plainf:id:tsubonui:20170317185206p:plainf:id:tsubonui:20170317194122p:plainf:id:tsubonui:20170317194853p:plainf:id:tsubonui:20170317194917p:plainf:id:tsubonui:20170317195110p:plain

87f:id:tsubonui:20170317194720p:plain85f:id:tsubonui:20170317193922p:plainf:id:tsubonui:20170317185338p:plainf:id:tsubonui:20170317185345p:plainf:id:tsubonui:20170317185351p:plainf:id:tsubonui:20170317185402p:plainf:id:tsubonui:20170317185413p:plainf:id:tsubonui:20170317195041p:plain83f:id:tsubonui:20170317185427p:plainf:id:tsubonui:20170317185516p:plain82f:id:tsubonui:20170317185739p:plain81f:id:tsubonui:20170317185535p:plainf:id:tsubonui:20170317190501p:plain80f:id:tsubonui:20170317190510p:plainf:id:tsubonui:20170317190520p:plainf:id:tsubonui:20170317190535p:plainf:id:tsubonui:20170317190556p:plainf:id:tsubonui:20170317190609p:plainf:id:tsubonui:20170317190632p:plainf:id:tsubonui:20170317195018p:plainf:id:tsubonui:20170317190641p:plainf:id:tsubonui:20170317190653p:plainf:id:tsubonui:20170317193503p:plainf:id:tsubonui:20170317193729p:plain

79f:id:tsubonui:20170317190745p:plain78f:id:tsubonui:20170317193534p:plain77f:id:tsubonui:20170317203607g:plain76f:id:tsubonui:20170317193952p:plainf:id:tsubonui:20170317194740p:plain75f:id:tsubonui:20170317190802p:plainf:id:tsubonui:20170317190810p:plainf:id:tsubonui:20170317190818p:plainf:id:tsubonui:20170317190826p:plainf:id:tsubonui:20170317190832p:plainf:id:tsubonui:20170317190840p:plainf:id:tsubonui:20170317193603p:plainf:id:tsubonui:20170317194539p:plain72f:id:tsubonui:20170317190852p:plain71f:id:tsubonui:20170317190902p:plain70f:id:tsubonui:20170317190908p:plainf:id:tsubonui:20170317190918p:plainf:id:tsubonui:20170317190934p:plainf:id:tsubonui:20170317190956p:plainf:id:tsubonui:20170317191003p:plainf:id:tsubonui:20170317191125p:plainf:id:tsubonui:20170317191131p:plainf:id:tsubonui:20170317191139p:plainf:id:tsubonui:20170317194259p:plainf:id:tsubonui:20170317194435p:plain

68f:id:tsubonui:20170317191233p:plain67f:id:tsubonui:20170317191244p:plainf:id:tsubonui:20170317191256p:plain65f:id:tsubonui:20170317193845p:plainf:id:tsubonui:20170317203857p:plainf:id:tsubonui:20170317191305p:plainf:id:tsubonui:20170317191314p:plainf:id:tsubonui:20170317191326p:plainf:id:tsubonui:20170317191337p:plainf:id:tsubonui:20170317191400p:plainf:id:tsubonui:20170317191408p:plainf:id:tsubonui:20170317191416p:plainf:id:tsubonui:20170317191424p:plainf:id:tsubonui:20170317191433p:plain61f:id:tsubonui:20170317191446p:plain60f:id:tsubonui:20170317191456p:plainf:id:tsubonui:20170317191509p:plainf:id:tsubonui:20170317191522p:plainf:id:tsubonui:20170317191528p:plainf:id:tsubonui:20170317191534p:plainf:id:tsubonui:20170317191542p:plainf:id:tsubonui:20170317191551p:plainf:id:tsubonui:20170317191607p:plainf:id:tsubonui:20170317191622p:plainf:id:tsubonui:20170317191816p:plainf:id:tsubonui:20170317191957p:plainf:id:tsubonui:20170317192036p:plainf:id:tsubonui:20170317194404p:plainf:id:tsubonui:20170317194816p:plain

58f:id:tsubonui:20170317192106p:plainf:id:tsubonui:20170317192110p:plain56f:id:tsubonui:20170317192118p:plain55f:id:tsubonui:20170317192130p:plainf:id:tsubonui:20170317192144p:plainf:id:tsubonui:20170317192153p:plainf:id:tsubonui:20170317192201p:plainf:id:tsubonui:20170317194620p:plainf:id:tsubonui:20170317194951p:plain50f:id:tsubonui:20170317192213p:plainf:id:tsubonui:20170317192227p:plainf:id:tsubonui:20170317192234p:plainf:id:tsubonui:20170317192243p:plainf:id:tsubonui:20170317194045p:plainf:id:tsubonui:20170317194503p:plainf:id:tsubonui:20170317204350p:plain

48f:id:tsubonui:20170317192347p:plain45f:id:tsubonui:20170317192355p:plainf:id:tsubonui:20170317192408p:plainf:id:tsubonui:20170317192444p:plainf:id:tsubonui:20170317192458p:plainf:id:tsubonui:20170317194321p:plainf:id:tsubonui:20170317204216p:plainf:id:tsubonui:20170317204423p:plainf:id:tsubonui:20170317194650p:plainf:id:tsubonui:20170317204436p:plain43f:id:tsubonui:20170317192505p:plainf:id:tsubonui:20170317192736p:plain42f:id:tsubonui:20170317192810p:plain40f:id:tsubonui:20170317192824p:plainf:id:tsubonui:20170317192839p:plainf:id:tsubonui:20170317192847p:plainf:id:tsubonui:20170317192939p:plain

39f:id:tsubonui:20170317192948p:plain36f:id:tsubonui:20170317193002p:plain35f:id:tsubonui:20170317193011p:plainf:id:tsubonui:20170317193018p:plainf:id:tsubonui:20170317193029p:plain32f:id:tsubonui:20170317193035p:plain30f:id:tsubonui:20170317193044p:plainf:id:tsubonui:20170317193052p:plainf:id:tsubonui:20170317193100p:plainf:id:tsubonui:20170317193114p:plainf:id:tsubonui:20170317193133p:plainf:id:tsubonui:20170317193302p:plainf:id:tsubonui:20170317193314p:plainf:id:tsubonui:20170317194104p:plainf:id:tsubonui:20170317194752p:plain

25f:id:tsubonui:20170317193332p:plain20f:id:tsubonui:20170317193343p:plain

5f:id:tsubonui:20170317193357p:plain

【サンムーンシングル】ひかえめカプ・テテフの調整【スカーフ、エスパーZ】

f:id:tsubonui:20170305030335p:plain

このポケモン嫌いって人と好きって人にわかりやすく別れてる気がしませんか?

僕は大好きです、めちゃくちゃかわいくないですか?ツボツボくらいかわいいと思います

更にかわいいだけじゃなくって強いのも魅力的ですよね、その強さを最大限引き出すための調整を考えてみようと思います

 

①CS極振り

145-*-95-200-136-147

(0-*-0-252-4-252)

もっともスタンダードな振り方です

最速ギャラドス(146)を1だけ抜ける素早さと最高火力を両立できる、結構理にかなった振り方でもあります

 

②hCs振り

159-*-96-198-136-135

(108-*-4-236-4-156)

Hが16n-1になるように振るとちょうど特化ジバコイルのラスターカノンを確定耐えします

更に準速ギャラドス抜き抜き(スカーフを持たせると準速フェローチェ抜き)です

(めざ地面があれば)ジバコイルや意地ギャラドスに対面から勝てるようになるのが強みです

その他にもバシャーモフレアドライブを確定で耐えるようになったり、パルシェンのつららを97%で耐えたりするのが魅力です

 

③hcS振り

159-*96-184-136-147

(108-*-4-140-4-252)

耐久は②の振り方と同じです

特攻を削って素早さを陽気ギャラドスを抜けるように準速まで振った形です

準速霊獣ランドロスや準速ポリゴンZもついでに抜けます

 

ダメージ計算

主に①と②及び③で確定数が変わるもの

サイコキネシス→無振りマンムー

→①②では確1、③では68%乱1

エスパーZ→守った無振りバシャーモ

→①②では確1、③では81%乱1

めざ地面+ステロ→H252ジバコイル

 →①は確1、②は93%乱1、③は56%乱1

サイコキネシス→無振り霊獣ボルトロス

→①では88%乱1、②では82%乱1、③では43%乱1

 

結論

f:id:tsubonui:20170302165047g:plain

テテフ自身の持ち物わざ、周りのポケモンや環境と相談して決めよう!!

 

ポケモン便利サイトまとめ

対戦中に使えるサイト

・ダメージ計算

ダメージ計算機SM for ポケモン サン/ムーン

もはやおなじみのトレーナー天国さんのダメージ計算ツール

努力値に対する瀕死率変動表の機能がすごく便利で、調整を考えるときにも役に立ちます。

 

・PGL検索

PGL最速検索

PGLのポケモンデータを手入力の検索で閲覧できます。

本家で直接探すより圧倒的に素早く探せて、わざ持ち物が20位まで表示されるので重宝しています。

 

・対戦ログ記録アプリ

ポケモンスプレッドシート: [Android・iOSアプリ]ノートちゃん

インターネット対戦のログを詳細に記録できるアプリです。

相手パーティのKPや、自分パーティの選出率なども詳細に見ることができ、更に対戦中のダメージ計算(iOS版は未実装)や素早さ比較など機能がとても充実しています。

 

育成段階に使えるサイト

ポケモンブログまとめ

ぽけっとふぁんくしょん!

ポケモンの構築ブログをまとめているサイトなのですが、採用ポケモンやシーズン、ルールなどでの詳細検索ができます。

 

・耐久指数計算

最大耐久指数計算機

ポケモン努力値数を指定して、条件中の最大耐久指数を計算します。

そのほかにも火力指数計算機やHP調整チェックができます。

 

・タイプ相性検索

ポケモン耐性検索

タイプ相性からポケモンを検索できます。

設定からサンムーンにも対応しています。

 

ブログ作成時に使えるサイト 

・トレーナーカード作成

【ポケモン サンムーン】トレーナーカードジェネレータ

おなじみのトレーナーカードを作れます、もちろんサンムーン対応

 

・全ポケモンGIF画像

List of Pokémon | Pokémon Wiki | Fandom powered by Wikia

7世代までのすべてのポケモンのGIF画像とPGL画像が入手できます。

ポケモン個別ページの下部にあります。

 

その他

Pokémon Global Link

ポケモン徹底攻略 

レート計算機(仮)

 

 

なにかあれば@tsubonuiまで

 

【シャドウバース】もっとくわしく!”アドバンテージ”

前回の話を先に読んでね!

 

前回の記事でアドバンテージがなんたるか、なんとな~く分かってもらえたと思います。

実は、前回の話ではアドバンテージの中でも”ボードアドバンテージ”とか”ハンドアドバンテージ”っていう種類のものを説明していたんです。

シャドウバースで意識するべきアドバンテージの種類は大きく分けて5つあります、それぞれ説明していきますね。

ぼーどあどばんてーじ?

https://3.bp.blogspot.com/-RTitFpO94mY/V1z8v_6cezI/AAAAAAAA7L0/8BGqS0IwCQMozc3qnCH5nsRQeDEWk1OyACLcB/s400/board_game.png

”ボード”って日本語で板とか盤って意味です。

シャドウバース(というかカードゲーム全般)ではフォロワーやアミュレットが出る”フィールドのことを意味します。

”ボードアドバンテージ”は「フィールドに出ているカードが多いほうがつよい」ってことです。

自分の場に《ファイター》が1体いて相手の場に同じ《ファイター》が3体いたら有利なのはどちらかは明白ですよね?

結構分かりやすくて無意識のうちにも実感してる人は多いと思います。

 

なんとなくわかったぞ、はんどあどばんてーじ

http://4.bp.blogspot.com/-4szYI26OyKA/UfIJO6FtyaI/AAAAAAAAWgA/TCOJHsFArlk/s400/kinshi_touch.png

 どんどんいきますよ、”ハンドアドバンテージ”です。

”ハンド”ってカードゲーム用語で手札って意味なんですね。

これも簡単です、「手札が多いほどつよい」ってことです。

手札の多さは選択肢の多さ、という話は前回の記事参照ですね。

 

意外と大事、らいふあどばんてーじ

”ライフ”っていうとなんとなくわかると思います、そうですリーダーの体力のことです、0になると負けちゃうやつですね。

”ライフアドバンテージ”、これは「体力が多いほうがつよい」ってことです。

「フォロワー出したいけれど相手のフォロワーを倒さないと負けちゃうからスペルを使うしかない!」みたいな状況になったことある人も多いかと思います。

このときライフがいっぱいあったらフォロワーを出して次のターンに備えることもできるわけですね。

このライフアドバンテージは特に終盤に大事になってきます。

例としては7/9の疾走持ちの《ジェネシスドラゴン》がいるドラゴン相手では「20と19」と「8と7」では同じ1とは思えないほど差があるのは分かりますか?

ここからだんだん難しくなっていきますけど頑張ってついてきてくださいね!

 

なかなか意識しずらい、てんぽあどばんてーじ

”テンポ”ってイタリア語らしいですよ。あ、「速度」みたいな意味です。

シャドウバースのテンポってなんだろうって感じですよね、実はこれ5種類のアドバンテージの中で一番感覚的に理解しにくいんです。*1

 先の3つのように紹介すると、「テンポよくカードを出していったほうがつよい」って感じです。

…正直わかりにくいですよね、ちょっとでもわかりやすいように例を出して説明します。

  • 先行相手1ターン目、《ゴブリン》1/2
  • 後攻自分1ターン目、なし
  • 相手2ターン目、《ファイター》2/2(ゴブリン攻撃)
  • 自分2ターン目、《ヴァンガード》1/2
  • 相手3ターン目、《流浪の傭兵》3/2、《ファイター》で《ヴァンガード》を攻撃
  • 自分3ターン目、《ミノタウロス》2/1

こんな試合展開になったとします、どっちが有利かはなんとなくわかりますよね。

相手:《ゴブリン》《ファイター》《流浪の傭兵》

自分:《ミノタウロス

というフィールドです、ボードアドバンテージは完全に相手が有利ですよね。

何がいけなかったのでしょうか、それが”テンポ”です。

相手は毎ターンPPを最大まで使っているのに対して、自分はPPを使い切れずに弱いカードばかり出していました。

相手が3コストのカードを使うのに自分が1コストのカードしか使わなかったら勝てないですよね。

”テンポアドバンテージ”は、これを失ってしまわないようにデッキの構築段階で意識する必要がある大事なものなんですね。

初心者がやりがちな「コストが高い強カードばかりのデッキ」を作って負けてしまうのもこれが原因なんです。

さらにはコストを最大まで使用していてもテンポアドンバンテージを失ってしまう場合があります、それはドローソースの使用です。

いい例として《魔術書の解読》があります。これは6コストで3枚ドローするというスペルなのですが、6ターン目にこれを発動した場合、ハンドアドバンテージは2枚も稼げるのですがボードアドバンテージはまったく稼げません。この隙に相手に攻められてしまうと一気に戦況が不利になってしまいます。

ハンドアドバンテージだけ稼いでもボード、テンポアドバンテージが稼げていないと負けてしまうんですね。

 

いよいよ最後、みえないあどばんてーじ?

”見えないアドバンテージ”です、こればっかりは特に表記があるとこが見つけられなかったので僕自身が命名しました。”その他のアドバンテージ”といってもいいと思います。

すこし特殊なのですが、わかりやすいのがネクロマンスです。

ネクロマンス4で《ゾンビ》2/2を出す《ルーキーネクロマンサー》はわかりやすいですね、墓地をボードアドバンテージに変換しています。

「ネクロマンス」以外にもドラゴンの「PP数」やウィッチの「スペルブースト」などもこれに当てはまります。

墓地がいくらあっても直接的にアドバンテージにはつながりませんが、ネクロマンスを持つカードをプレイするとボードアドバンテージなどに変換されるわけですね。

 

まとめ

もうそろそろ”アドバンテージ”がゲシュタルト崩壊してきた頃じゃないですか?もうすぐ終わりますよ。

今回5つのアドバンテージを紹介しましたが、「ボードを稼ごうとするとライフを失うし、ライフを守ろうとするとボードが稼げない…」って場面に遭遇することもあると思います。

こんなときは「アドバンテージの重要度」を意識しなければいけません。

短い制限時間の中で重要度を正確に判断するのは難しいですが、これができるようになると勝率はグンと上がってくると思います。

オススメとしては迷ったときにスクリーンショットを撮っておき、後で見返す方法です。

この方法だとTwitterなどで他の人に相談することもできますしね。

「アドバンテージ編」はこれにて終わりです、書きたいことはまだあるので多分続きます。

質問、感想はコメントでもTwitterでも歓迎してますよ!

読んでくださりありがとうございました。

 

次回 未定(書いてほしいことを教えてくれると喜びます)

 

*1:シャドウバースには「テンポエルフ」というデッキがありますが。この記事の”テンポ”とは違うものです。

【シャドウバース】「アドバンテージって、何?」

 

流行りに乗ってシャドウバースを初めてみたものの、「最近なかなか勝てなくなった」とか、「みんなの言ってることが理解できねぇ!」って言ってる人をよく見かけるようになりました。

なので、かわいいキャラに釣られて始めた初心者の方たちがもっと楽しめるように、いろんなこと書いていきます。

 

アドバンテージってなんなのか?

http://1.bp.blogspot.com/-RO0zemWsUSQ/UZ2VAi259hI/AAAAAAAATsY/XrKm6g5spTQ/s400/kids_cardgame.png

カードゲーマー達が日常的に口にする”アドバンテージ”という言葉、略してアドと呼ばれることも多々あります。

この言葉の意味、実はカードゲームをやったことない人に理解してもらうのはちょっと難しいです。

ですがこの記事を読んでいる方はシャドバを多少なり触っていると思うので頑張って説明していきますよ。

さて、シャドウバースの話です。

相手の場に《ファイター》(2/2)と《流浪の傭兵》(3/2)

自分の場に《ヒーリングエンジェル》(2/3)*1

という状況であなたは《ヒーリングエンジェル》でどちらを攻撃しますか?

 

攻撃力の高い《流浪の傭兵》を攻撃してしまいそうですが、正解は《ファイター》です。

《流浪の傭兵》を攻撃した場合《ヒーリングエンジェル》は体力が0になり破壊されますが、《ファイター》を攻撃した場合、体力が1残ります。

 このターンでは倒せるフォロワー数は変わりませんが、《ヒーリングエンジェル》が残ったことにより次のターンで《流浪の傭兵》までも倒せる可能性が高いです。

出しているフォロワーは同じなのに、攻撃の仕方が違うだけで倒せるフォロワー数が違うことに気が付いたでしょうか?

これがアドバンテージなのです!

 

…まだしっくり来ないかもしれません。

今の例の場合、相手は《ファイター》と《流浪の傭兵》の2枚のカードを使用しました。そして自分は《ヒーリングエンジェル》の1枚でそれらと相打ちしましたね。

このような”2枚”対”1枚”の相打ちを続けていけば先に手札がなくなるのは相手です。

手札が無くなってしまうと毎ターン開始時に引いたカードだけで戦うことを強いられます。これはカードゲームにおいて圧倒的に不利な状況なのです。

手札が0枚の自分と4枚の相手、選択肢がない自分より4つの選択肢がある相手のほうが有利なのは誰の目にも明らかですよね。

 このような(自分)1:(相手)2のようなカードの使い方を”1:2交換”と言ったりします。

さらには「自分が有利な交換」を”有利交換”とも言いますね。

場のフォロワーを全て破壊する《テミスの審判》や全体に2ダメージ与える効果を持つ《ジャンヌダルク》などは有利交換がしやすいカードと言えます。

シャドウバースではこの「有利交換をして」、「相手に有利交換をさせない」ということがとても重要になってきます。

 

次回「もっとアドバンテージを稼ぎたい!」

いつになるかな

*1:2/3とは攻撃力が2で体力が3のフォロワーのことを指します。